マッサージに行って、その時はほぐれて気持ち良かったのに、後で、ダルさや痛みを感じて『かえって辛い思いをした』
・・・という経験をお持ちではありませんか?

これは、いわゆる〝もみ返し〟と呼ばれる症状です。

IMG_05421

もみ返しが起こるかどうかは、マッサージのやり方や、その人の筋肉の質によって大きくことなります。
ただ、ひどい場合は、1週間から10日ほども深刻な痛みに悩まされる事もあります。
さて、この〝もみ返し〟は何故起きるのでしょう?

実は、もみ返しには2種類あります。

①必要以上の力が、筋肉にかかった場合

症状としては、筋肉痛に似た痛みや、ヒリヒリ感を感じたり、発熱するケースです。
ほとんどの人は首や肩のコリ、ふくらはぎのハリをほぐす為にマッサージを行いますよね?
しかし、筋肉の状態に対して、マッサージの刺激が強過ぎる事があります。
それによって、筋繊維や筋膜が損傷して、炎症が起きているケースです。

<対処法>
炎症が長引く様であれば、氷・保冷剤・コールドスプレー・冷湿布などで、よく冷やして下さい。
お風呂に入る時は、なるべく患部を湯船に浸けない様に、心がけて下さい。
炎症が治まったら、逆にお風呂やサウナなど、でよく温めて、ゆっくり身体を休めて下さい。

②老廃物が滞留している場合

症状としては、痛みではなく『身体がダルい・重い』という感覚です。
これは筋肉がほぐされ、滞っていた血流やリンパの流れは良くなっているのですが、老廃物が排出されずに体内に残っている状態です。
運動不足気味で、過労やストレスの多い方に、多く見られる症状です。

<対処法>
水や白湯をしっかりと飲んで、暖かめのお風呂に長めに入り、老廃物を対外に排出 させるように促して下さい。
お風呂上がりにストレッチをするのもオススメです。

一言に〝マッサージ〟と言っても、種類もやり方も千差万別です。

マッサージの種類にも、指圧・オイルを使うもの・ストレッチがメインのものもあります。

例えば、指圧でも、指で柔らかくほぐす人もいれば、肘を使う人もいます。
当然、肘の方が硬いので、筋肉を必要以上に損傷させてしまう可能性は高くなります。
指の太さによっても、受ける側の感覚は、かなり異なります。
施術者が、受ける人の筋肉の状態に合わせられるかどうかも、大きたポイントです。

いろいろ受けてみて、自分に合った種類・人を選ばれるのが、良いでしょう。

せっかくのお身体のケア。
無駄なリスクは避け、安心出来るクオリティーの高い施術で、スッキリ快適なコンディション調整をしましょう。

名古屋駅マッサージ

お身体お疲れの際は、〝もみ返さないリラクゼーション〟ボディーエキスパートまで、お気軽にどうぞ。

PAK85_telshinagaramemowosuru1292

メニューと料金はこちら
ご予約はお電話で